姫路で身体の痛みにお困りなら改善率90%以上を誇る当院の整体にお任せください

プロフィール

姫路のなごみ整体院 HOME > プロフィール

院長上野 和也の紹介

上野和也

当ホームページへご訪問頂きありがとうございます。
当院代表の上野和也です。1965年生まれ姫路市出身、サラリーマン経験後この世界へと入る。

この業界への

もともと胃腸の虚弱体質と男性には珍しい?冷性もちだったので、高校時代はそれほど 酷くはなかったのですが、岡山で下宿生活を過ごしている頃よから、殆んど毎日のように市販の胃薬が欠かせないよう な生活をおくっていました。

手先の冷性は、所謂レイノー症候群と呼ばれるもので、冬場は指先が真っ白になるような状態で、血液が循環して 正常な指先の色にもどるまでにだいたい15分程、その間はどんなに温めても手先に自由に使えない程だったです。

社会人になって外回りやデスクワークなど比較的、温かい環境で仕事をさせて頂いていたのいですが、病院 の胃薬だけは、殆んど毎日欠かせないような生活をおくっていただけでなく、病名がかわらない?個人病院から、 大病院まで通っても、何か原因がわからに状態だったので、その頃より東洋系の書籍などをよく読んでいました。

上野和也

鍼灸の施術を初めて受けたのも、丁度その頃で自分自身で鍼をやってみたいと思い、サラリーマンをやめ神戸の 専門学校へ進学することに。学生時代に岡山で下宿していた頃の友人が千葉県で生命保険の代理店をしていましたで、昼間は生命保険の仕事を神戸でしながら 夜間で学校へいく毎日を送っていました。もともと医療とは関係のない世界にいましたので、、だんだんと、この業界の事が見えてきたのもこの頃です。

きっちり皆様の事を考えられ対処されている施術家の先生もいますが、病院と違い施術所の業界は殆どは毎日通ってもらうことが当たり前の業界。よくなってしまうともう通ってくれない、、半分冗談みたいな話なのですが、これが現実だとわかってきたのです。
学生時代から休日などは東洋医学の勉強会や講演に積極的に参加し、サラリーマン時代にはない充実した毎日を 過ごし、卒業後は神戸板宿にある整骨院で勤務。

国家資格を取得してから初めての施術経験で色々勉強させたいただいたのですが、単にマッサージや鍼をするだけ、殆んど通ってらう事を目的にしているような方針であったため、本当に治療が必要な患者さんを診たいと思い、尼崎の高内科クリニックリハビリへと勤務。

自分自身のターニングポイントはここだったと思います。この病院の院長夫婦が鍼灸に興味をもたれていたので、リハビリトレーニングでも鍼の使用を許可して頂き、色々と勉強に 積んでいきました。

高クリニックであまりにも多くの腰痛や膝痛の患者さん を診る機会の中でも40歳後半の(ある女性患者)の腰痛を診てから根本的な原因は何か模索し始めたと 言えます。

当時の自分自身を振り返ってみても、施術技術が未熟で、この方が自転車で転倒してから、腰痛もちになった 原因が全くわからない状態だったといえます。

鍼灸やマイクロSSPと呼ばれる最も高価な電気療法を施しても、その時だけしか効果がなく、同じ事を繰り返していました。直後は、すっと立ち上がり帰られるのですが、数日後はやはり痛いといって来院される、ただその繰り返しだで 結局何が原因なのかがわからないまま、、
数ヶ月した頃には徐々に回復されてきたのですが、自分自身が、どうしても納得できない、とりあえず通院はしてくれるが いつ完治するのかわからない、、要するにあなたの腰痛の原因は、コレで、こうすれば、これくらいで回復すると言える施術家でないとダメだと、、、、

現代の医療には盲点があります。画像診断や検査で異常がなければ痛みがあっても原因がわからない、様子をみるとなるのです。しかし、痛みがあるのは必ず原因があるのです。

  1. 現代の医療で対応できない(してくれない)症状を改善させる
  2. 施術から改善時期までの期間を把握できている
  3. 他の施術所では、真似できない高い技術を提供できる

この三つができないと、この業界に入った意味がないと考えていました。

しかし、大阪の中国鍼針の勉強会やその他、手技療法など様々なものにも参加してみたものの、今まで自分がやって来た方法と、どこもさして違いなくやはり解決するのは程と遠いものだったと、、、。

その当時、骨盤のゆがみなど全く興味が無いどころか、どうも胡散臭さすら感じていましたので、これまで見向きもしていなかったのですが、AKAと呼ばれ(仙腸関節)を診る医師らがいる 事と知り、そこから真剣に、そして手探りでその手の勉強を開始していくことになったのです。

しかし、自分でいくら勉強しても実際にどのように施しているのか、それなりの病院にいかないとと思い、入院患者のいる 大林寺病院へ転職し、ここで慢性的な腰痛もちや多様な慢性疾患を診る機会に恵まれ、それと平行して関節モビラーゼーションやAKAは院内や研修で脊柱マニュピュレーション、カイロプラクティックなどを夜間学校で学び、アプライドキネオロジー、PNFテクニック、頭蓋仙骨療法の他、構造医学の矯正法は、独学で覚えてたので、これに1年以上費やしましたが、とても得るものが大きかったです。
それだけ、環境的に恵まれていたのもあります。

このように仙腸関節について自身の納得の いくまでの勉強と臨床から現在の施術法に近い原型のようなものが出来あがってきたと言えます。

なごみ整体院

何故、病院にこだわったかは、本当に悪い患者さんがいることだけでなく、一般的な整骨・鍼灸・整体など、殆んどが通ってもらうことが目的で、本格的に改善させる技術を覚えるところや、特殊な手法を用いているところが、ごく僅かしかなく、知り合いの紹介やコネでもないと、そのような職場につくことが難しいとわかっていたからです。

性分できに凝り性なもので、あらゆる骨盤仙腸関節に関する手技手法や理論につても勉強会や・専門書など、自分にとっては、相当な金額の投資と時間をかけ貪欲に勉強し続け、分かったことは、実際にどうおかしのか、それをどう矯正するのか?その他整体理論でも具体的によくわかっていない、完成されたものが無い、、、世の中に存在しないと言うことがわかった事です。

その後は3年程度寝ても醒めても骨盤や脊柱のことばかり考えていましたね。○○さんは最高の教科書、、とよく言うはれますが、本当にその通りでした。それだけ様々な症状で悩んでいる皆さんに恵まれていたのですが、無駄な施術や無効な手技をやってきた、、、と今思えば感じます。痛い目にあわしたり、その時だけしか効果がなかったりと、、散々でした。

結論から申し上げると、仙腸関節がおかしくなると腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、頭痛、めまい、自律神経失調などありとあらゆる症状や病院では診断がつかない不定愁訴が出現すると言えます。

その後、神戸の鍼灸院で間借りし大阪の腹見病院と大成病院の勤務で現在の施術法を完成させました。ここで学んだ事が、今現在の私の基礎であり、それがあるから他に無い高い技術力で皆様のお役に立てるのだと存じて おります。

趣味

本が好きですね、最近は忙しくて読む機会がすくないのが悩みです。自己啓発本とかが若い頃は好きでしたが、その後は、歴史小説から推理小説にビジネス書まで 幅広くよみますね。

浅田次郎・司馬遼太郎・東野圭吾(直木賞貰う前はよく読んでました)落合信彦は20歳前、大前健一は30歳頃読んでましたが今は読みません。20歳代の頃は自己啓発書は沢山読んでましたが今は読みませんね。向田邦子とかもいいです。最近はあまり目を通す時間がないので、ここ数年、芥川賞をもらった作家の作品は全然読んでないです。

  • インターネット
  • 音楽 : 若いころは、オーデイオに凝って洋楽ばかり聞いていましたが、最近は静かな音楽が好きです。(年いったせいでしょうか?_)日本の童謡とかいい音楽(滝廉太郎の花など)だなと思ったりします。とてもきれいなメロデイーで落ち着けるため。
  • お酒(ビール) : 飲む量は少し、(日本酒はまったくダメです。)
  • ドライブ : 最近はどこもいってませんが、
  • 歩くこと : 徒歩で1時間~2時間くらいの場所なら平気です!考え事をしながら歩くのが得意

性格

  • マイペース
  • 気が長い、怒る事はほとんどないですね。
  • わりに探究心が旺盛なほうだと?思います。
  • 普段はあまり喋りませんが、イベントや飲み会などではよくしゃべります。
  • 基本的にな真面目で凝り性と自分では思っています。
  • おおざっぱ過ぎるとこがが欠点?かと

学んだこと

厚生労働大臣 鍼免許
厚生労働大臣 灸免許

【学んだ手法】
カイロプラクテイック
アプライドキネオロジー
脊柱マニュピュレーション
PNFテクニック
関節運動学的アプローチAKA
頭蓋仙骨療法テクニック
ペルビックアプローチ
構造医学 仙腸関節矯正
自律神経免疫療法
高麗手指鍼等
脉診流氣鍼医術等

その他

AFP 認定(ファイナンシャルプランナー)
第四石油類危険物取扱主任
フォークリフト、高所作業車、たま掛け、移動式クレーンなど含めると20個位?は持っているとおもいますが、、、(今は何の役にも立たず)

院概要

なごみ整体院のご案内

電話番号
079-288-0456

院名
なごみ整体院

住所
〒670-0927 兵庫県姫路市駅前町283川場ビル2F

受付時間
月曜~日曜9:00~21:00

休診日
不定期(下記カレンダーでご確認ください)

アクセス
JR姫路駅前徒歩2分

院長とスタッフ
院内
院内

お問い合わせ

Tel. 079-288-0456

受付時間:午前9:00~午後9:00 休診日:不定期

Tel. 079-288-0456

受付時間:午前9:00~午後9:00
休診日:不定期

スタッフ