姫路で身体の痛みにお困りなら改善率90%以上を誇る当院の整体にお任せください

片麻痺後の腰痛

姫路のなごみ整体院 HOME > 片麻痺後の腰痛

代表的な原因・症状にリハビリ

施術

脳血管障害後に多い症状と改善方法について

脳梗塞やくも膜下出血を患われる方は年々増え続けています。

その原因や対症など様々な媒体から情報を得られていると考えらていますので、詳細は省きますが、 誘因に様々な説があります、高血圧や心臓疾患なども脳梗塞を引き起こす可能性があります。タバコやアルコール、食生活などの因果関係も指摘されています。術後はリハビリセンターで涙が出るほどの徹底的な訓練をして、麻痺側の運動機能を取り戻す試みが成されます。

代表は、慢性期のリハビリで数多い皆さんと接する機会に恵まれていましたので、脳梗塞 を起されたご本人から、必ずこれまでの生活習慣など聞いてきたので、私が担当した皆さまで多いのが 食生活のアンバランスとお酒が多いです。

例えば、魚や野菜が嫌いで病院でも一切に手をつけない方。

殆んど食べ物を食べず、1回の飲酒量は異常に多く、その生活を長期間されていた。これらが多いのですが、お酒も飲まず食生活もきっちりされている中高年(40歳~50歳)の方もいらっしゃいます。
その後の症状の出方も、様々で当初からほぼ寝たきりで自力で車椅子にも乗れない方も、いらっしゃいますし、 早期の手当てにより見た目は殆んどわからない方もいらっしいます。

逆に早期の治療にも関わらず、自力歩行に支障をきたし、車イスが必要な方などもいらっしゃいます。リハビリセンターで集中的なトレーニングを施し社会復帰される方もいらっしゃいますが、多くは、その後も 何らか症状を残すと言えます。

その後、もっとも訴えの多い症状は、、、

  • 肩こり
  • 首のこり
  • 腰痛
  • 股関節痛

これまでの経験から皆さんから聞いたのが上記の四つが代表的であると言えます。半身の筋肉の自由が利かなくなりますので、片側の首のがパンパンに緊張して、反対側の筋が痩せてします。これが見た目でもハッキリわかります。(殆んど例外はないと言えます。)片側に力が入りにくい重心の移動で、普段でもや首が傾いた状態になり、さらに首肩周りの痛みやコリを自覚 すると言えます。

一般的に考えられる慢性期の対処法は?

  • 鎮痛薬・・筋弛緩剤など薬物療法
  • 電気・温熱療法など理学療法
  • 軽い体操や運動など

慢性期に入ると根本的によくする事は出来ませんので、少しでも今現在のつらい症状を緩和して あげる事が大切になります。保存療法の中でも鍼(はり)などが痛みやコリに即効性があります。首周りなどはダイレクトに 鍼をする事で、かなりの即効性があります。腰痛とともに股関節の痛みを起される方が多いのでが、通常、筋緊張を緩和させる ストレッチやマッサージになります。

しかしながら、上手く痛みが解消できないのは、その原因となっている状態を上手く解消していないからで、これを一時的なでも正常にすることで、痛みや筋緊張は改善されます。

こらは、麻痺側に上手く重心を乗せれない事から起る症状で、腰痛と股関節痛を起しています。しかし、麻痺自体は改善させれないので、定期的にみて、軽い運動などで筋緊張を緩和させることで、効果は持続 します。

臨床例(片麻痺後の痛み)による腰痛と足のツッパリ

患者様
7年前に自宅で倒れ左半身が麻痺/腰痛・股ツッパリ
M.K.さん 67歳

5年に自宅で倒れ、治療が早かった事もありリハビリセンターでトレーニングの末、杖があれば短い距離なら歩行ができます。普段はやはり車椅子が必要で、しっかりされておられるのですが麻痺後の影響で股関節と腰痛が持病。シップや痛み止めでつらい時は我慢されていたそうですが、腰が動けないくらい痛く真っ直ぐ立てないような状況でした。

※効果には個人差があります。

内容

術後も、腰回りの痛みが残る。による左下肢へ加重不足(左足に上手く重心を乗せれない)によるもの。

症状

発症以前は腰の痛みを感じた事がない。自宅で発症したため、処置も早く杖があれば歩けるが長距離は難しい。たまに、腰痛が起こってもシップを貼れば治まっていたけれども、この度は、今までは我慢できた痛みとは違い真っ直ぐ立つ事ができないほどの激痛と股の付け根の痛み。

結果

仙腸関節矯正は1回

矯正と鍼(はり)後は少しましになる。5日頃から順調に筋緊張が改善され、3週間目にはなんとかに杖で歩けるようになる。股の突っ張りも解消し、他動的な検査でも足の運動(可動域)が改善。重心を片側に乗せれないためズレを定期的に矯正し体を整える必要があると考えられます。あれから動けない程の痛みは起きてない(本人談)

※お写真はご本人の了解をえたうえで搭載しています。

※効果には個人差があります。

私どもは、土台を根本から正すことで、身体を整え頚部への左右に傾きを解消し、腰の生理的な湾曲を取り戻す整体矯正をおこないます。そして、頚部や腰など異常緊張を起しているポイントにはり(鍼)をすることで血流を改善させ緊張を 緩和させます。年々、症状を訴えられる方は増えてきています。

私どもでは出来る限りの対応で日常生活を少しでも有意義におくれるようにご協力します。

予約制となっています。

お一人お一人様を代表である私がしっかりとみさせて頂きます。各人の身体状態を見極めて、今現在、悩まされているその症状に真剣に対応させて頂くため「完全予約制」にしております。

なごみ整体院では完全予約制となっていますので、電子メールもしくはお電話でご予約承っています。ご不明な点がすこしでもあれば、ご遠慮なくメール/電話くだされぼその疑問にお答えします。当日でも、出来る限り空ベットを調整するように心掛けていますので、お気軽に御連絡ください。

院概要

なごみ整体院のご案内

電話番号
079-288-0456

院名
なごみ整体院

住所
〒670-0927 兵庫県姫路市駅前町283川場ビル2F

受付時間
月曜~日曜9:00~21:00

休診日
不定期(下記カレンダーでご確認ください)

アクセス
JR姫路駅前徒歩2分

院長とスタッフ
院内
院内

お問い合わせ

Tel. 079-288-0456

受付時間:午前9:00~午後9:00 休診日:不定期

Tel. 079-288-0456

受付時間:午前9:00~午後9:00
休診日:不定期

スタッフ